「オ〇ンコ狂いの山尾さまと手前どもの誕生日のこと」

斉藤由貴さまのまたしても不倫の証拠写真が写真週刊誌に暴露されました。

せっかく「迷演技」で記者会見を乗り切ったかと思えた由貴さまでございましたのに、自宅に件の不倫相手の医師を招き入れて、自らのおパンティを頭にかぶせて撮った写真が流出したとあっては、観念せざるをえない刻を迎えられたのでございます。

流出させたのは浮気によって被害を被った被害者の方でございます。

ここまで家族に傷を負わせながら、まだシラを切って浮気を継続するつもりなのか、の怒りの鉄拳が写真週刊誌へのリークとなったのでございました。

しかし、でございます。浮気相手の男性ならずとも、斉藤由貴さまの正にオ〇ンコをヤりまくるために生まれてきたかのような垂涎の顔と体を目の前にして、我を失い、全てを投げ打ったことはよく理解できるのでございます。

世の中ではそうした斉藤由貴さまや不倫相手の医師を糾弾するがごとき意見を述べられるムキがございますが、それこそ大きなお世話でございます。

政治家や教職といった税金から報酬を貰っている立場にあるわけでもないお二人は、誰に迷惑をかけてもなく、謝るのは相手方の家族だけでございますのに、騒ぎすぎ、というものでございます。

騒ぎすぎ、には明らかに嫉妬が混じってございます。

一方は熟れた女性の美しさを極めた人気女優であり、もう一方は人も羨む米国帰りのイケメン医師でございます。

とても市井の民草では手の届かない二人の「道ならぬ性愛」が悔しくてならないのでございます。

チクショー、ウマいことヤりやがって、のジェラシーの嵐が吹き荒れているのでございます。

斉藤由貴さまの本件の浮気に関心が深いのは、チャンスがあれば自分もヤりたかった、の羨望の思いがいかに強いか、という証左でございます。

スターは人が憧れる存在であるという意味では、まさしく上半身から下半身まで、優しく触って鷲掴みにしてくださった、斉藤由貴さまでございます。

 

 

昨今では「スベタ」なる言葉が死語になりつつあります。

「アバズレ」もまた久しく聞くことができませんでした。

このところ、とんとお目にかかることができなくなった希少な、スベタなアバズレを、国民の皆さまは見る機会を持つことができたのでございます。

その「スベタなアバズレ」とは、W不倫で名を馳せた山尾志桜里さまでございます。

志桜里さまは…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...
この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です