「セクハラ告発の女性記者とは何者か」

随分と他人さまに呆れられることでお食事ができてきた立場でございますが、そんな極道の手前どもが呆れるようなことを、平気でやって罷り通っている人たちがいて恐れ入ってございます。

財務省福田事務次官の「セクハラ」を問題にして「#Me Too」の紙を持って財務省に押し掛けた野党議員の皆さまでございますが、何をお手盛りなことを、と呆れ果ててございます。

そうした行動をする前に週刊誌やテレビで「私の夫を返して」と訴えている、オ〇ンコ大好き絶倫女王山尾志桜里さまに夫を寝取られて魂の救済を叫んでいる”性策”顧問の元妻の言葉に耳を傾けることの方が先でございましょうに。

そうした自分たちのお膝元の不祥事には頬っ被りをして、”性義の旗”を振っているから国民に「便乗商法」と侮られるのでございます。

その証拠に野党の支持率など少しも上がらないではありませんか。

そもそもこの度の福田事務次官のセクハラを告発したテレビ朝日の女性記者とは何者なのでしょうか。

報じられるところで彼女の行動は極めて不可解でございます。

通常、「セクハラ」に嫌悪感を持っていれば、いかなる理由があろうと、そう易々と2人きりでプライベートな時間を持つことはしないものです。

この女性記者には、自分の女としての武器を利用して何とか福田事務次官からスクープをモノにしようとの魂胆があったことは明らかでございます。

本人の了解を得ぬままに無断で隠し撮りされた音声は、福田事務次官の肉声と思われるものだけが公開されていますが、週刊新潮は何故この期に及んで女性記者の音声を公開しないのでありましょうか。

言葉のニュアンスは文字ではなく肉声によって判断されるべきものです。

週刊新潮は女性記者の受け答えの言葉を記事にして公表しています。ここまできたら音声に加工を施してもそのやりとりの肉声を公開すべきでございましょう。

何故それをしないのでしょうか…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...
この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です