「防弾少年団の原爆Tシャツ / 海老蔵さまの生き方」

◆人生、死にたくなったら俺に聞け!あなたさまのお悩み、お話しください。「村西とおるのトップ・シークレット人生相談」開設!【完全個室面談】

 
ご相談はコチラから→https://www.ohtabooks.com/muranishi-soudan/
 
 
 
 
 
韓国の人気グループ「防弾少年団」のメンバーが「原爆Tシャツ」を着ていたことで、日本のネット上で猛バッシングを受けました。
 
日本でビジネスをしていながら、原爆の被害者を貶めるようなTシャツを着ることはないだろう、という訳です。
 
こうしたネットでの反応は極めてまっとうに思われます。
 
広島や長崎に落ちた原爆を賛美するのは勝手ですが、わざわざ自分たちの活躍の場である日本人の気持ちを逆なでするようなことはないだろう、との反感は当たり前のことです。
 
どんな神経をしてそんなことをやっているのか、と呆れるばかりですが、思いますに”頭カラッポ”の防弾少年団のメンバーは、深く思慮することなく、デザインが奇抜だったから、の単純な理由で原爆Tシャツを着たのではないかと思われます。
 
人は必ず過ちを犯します。過ちを犯して訂正することができないことを「過ち」というのでございます。
 
防弾少年団のメンバーが「ゴメンナサイ、許してください」と過ちを認めて謝れば、事は丸くおさまるのでございましたのに、ここまで問題が大きくなるまでどうして放っておいたのか、と不思議でございます。
 
防弾少年団は今や全米ヒットチャートで1位を獲得するほどの人気者でございますが、世界中を見渡しても彼らにとって日本ほど稼げる場所はない筈でございます。
 
日本人の「水に流す」国民性を知っていれば、プロモーターはいち早く防弾少年団に謝罪をするようにと導くべきでございましたのに、何を手をこまねいていたのでございましょうか。
 
先日、韓国の最高裁が下した「元徴用工4人への損害賠償金4億ウォンを払え」の判決に見られるように、日韓関係は最悪の状況となっています。
 
せめて民間交流だけでも政治の影響を受けないように、と願うものですが、その矢先の防弾少年団の無鉄砲な「原爆Tシャツ」は誠に残念でございます。
 
韓国から中国人観光客と肩を並べる700万人を超える数の大勢の韓国人が日本を訪れています。(2017年:7140200人)
 
5千万人の人口の韓国人の8人に1人は日本を訪れている勘定になります。
 
彼ら一般韓国人の皆さまは、巷で言われているような日本に悪い感情を持っている人たちは、それほどいるわけではありません。
 
日常生活の中で日本を嫌いになる出来事は何もないからでございます。
 
一部の反日勢力が、ことあるごとに慰安婦問題や竹島、及び徴用工の問題を持ち出して騒いでいるだけでございます。
 
それほど韓国が国をあげて反日ならば、年間700万人もの韓国人が日本にやって来るわけがないからです。
 
日韓貿易でも、日本は年間2兆円もの黒字を得ております。
 
700万人の訪日韓国人や2兆円の貿易黒字を袖にするわけにはいかない「国益の事情」が横たわっております。
 
韓国政府が今後どう出てくるかを冷静に見極めて、日本は政府間交渉に全力をあげて取り組み、民間交流のせっかく咲いた大輪の花を散らすことなきよう、ご尽力を賜りたいものでございます。
 
 
 
 
先週の週末は久しぶりに神田の古書店街に足を向けました。
 
目的は、手前どもが製作した…
 
 
この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...
この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です