「心に刻んでいる言葉」

 

新元号が「令和」に決まりました。
 
これまでは中国の古典からのものでしたが、史上初で日本由来のものとなりました。
 
出典は「万葉集」からでございます。「令」とは「令嬢」に用いられている「令」でございます。
 
高貴なる、との意とのことでございます。
 
これまで昭和から平成にと一般に馴染むまでは時間がかかりました。
 

「我が物と思えば軽し笠の雪」ともいいます。時間が経つとともに「平成」と同じように「令和」も国民から愛される元号となりましょう。
 
昭和、平成、と生きてきた手前どもにとっては最後の元号でございます。全ての日本人が心をひとつにして、明るい「令和」の時代を築いていかれることを、心から祈るものでございます。
 
若人よ、未来は君たちにまかせた。その手の中にあるものを大きく育てよ、でございます。
 
AV業界も新元号に相応しい、世界をアッと言わせるような体位などを発明しなければ、と考えております。
 
「駅弁」「顔射」「ハメ撮り」と人類にかつてない性愛の世界をご案内してきた身では、最後のご奉仕で「令和」に相応しい体位をなんとしても世に出さねば、と意気込んでございます。
 
 
 
 
東京で桜が満開の季節を迎えています。
 
この季節には新宿御苑で花見をすることが、この何年かの恒例の行事となっています。
 
5、6年前までは訪れる花見客もさほど多くはありませんでしたが、この2、3年は大変な人出で賑わいを見せています。
 
平日でも新宿門の入口のチケット売り場には長い行列ができていて…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です