「タクシーの運転手さまとの会話」

W杯ラグビーで日本チームが3連勝しています。

ラグビーは偶然やラッキーでは勝てない実力あっての「必然」のスポーツであることが実に心地いいのですが、面構えがいい、惚れ惚れするような野武士のごときの獣を連想させるケダモノのを彷彿させるご面相は、ラグビーはスポーツに名を借りた、果たし合いであることを象徴しています。

優勝候補NO.1との前評判のニュージーランドのオールブラックスやサモアチームの舌を出したりアカンベーをしたりの試合前の相手を挑発するパフォーマンスは、ラグビーは今時はやりの「コンプライアンス」とやらとは対極にある、スポーツという名の奪い合いであることを教えてくれています。

土曜の夜のサモア戦のチームのキャプテンの鼻が潰れたまま大きく左に曲がっていました。 それはギョッとするほどの異形でありましたが、ラグビーを志す者にとってはそうした傷跡も、これまでの壮絶な戦いを物語る勲章なのでありましょう。

歌舞伎町の極道がたむろする喫茶店に入って行けば…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です