「コロナで日本は欧米の二の舞には絶対ならない理由」

先週金曜日の夜、新宿ロフトプラスワンにて玉袋筋太郎さまがMCをなされているトークイベントに参加させていただきました。

アシスタントは桐畑トールさまでございます。折からのコロナ騒動の煽りを喰らい、当日はお客さまを会場に入れずの「無観客開催」となりました。

チケットをご購入くださった皆さまには「ネットで生配信」を行い、お楽しみいただくといった趣向でございました。

本来ならば手前どもは「シークレットゲスト」として会場に突然登場させていただくこととなっておりましたが、ネット配信ということで事前に告知をさせていただきました。

玉袋さまは新宿ロフトプラスワンでは年に2回、こうしたトークイベントを開催されておられます。

その都度お客さまは大入り満員の大盛況でございまして、今回も「無観客開催」となる前までは既にチケットはソールドアウトの人気ぶりでした。

こうした人気のイベントに手前どもごときがゲストで参加させていただいても、ただただご迷惑をおかけするだけではないかと懸念しておりましたが、参加をさせていただいた後はそれなりにご好評を博していたとの新宿ロフトの責任者の石崎さまよりお言葉をいただき、ホッと胸を撫で下ろしたところでございます。

午後7時よりスタートしまして終了の9時半まで2時間半、ノンストップのトークタイムでございましたが、玉袋さまと桐畑トールさまの軽妙なMCぶりに助けられ、終了できたことは何よりでございました。

当日は玉袋さま、トールさまと手前ども以外に、FANZAアダルトアワードの昨年の人気NO1に輝く相沢みなみ嬢もゲストで駆けつけてくださり、大いに盛り上げてくださったのでございます。

相沢みなみさまは日本一のAV女優の冠に相応しく、息をのむほどの艶やかな佇まいを見せられておられましたが、AV作品の方では4Pなども朝飯前にこなし、その淫乱ぶりは定評のある方であられます。

が、トークショーではそうした淫猥な部分を少しも見せず、楚々とした淑女ぶりを見せておられたのです。

まごうことなく「あの声でトカゲ食うかよホトトギス」の美のコントラストの住人であったのでございます。

手前どももお隣のお席にお邪魔しながら、正直に申し上げれば「欲しい」との欲望に絡めとられていたのでございます。

亀頭がうずくほどに、でございます。

彼女の座っている席の向こうには玉袋さまがいらっしゃいました。

これまた玉袋さまも、野山でウサギを追う猟師のごとき獣色の光をその目に宿されていたのは印象的でございました。

手練れの2人の大の男を相手に脱ぎもせず、見せもせず、ただその佇まいだけでその気にさせたのでございます。さすがNO1人気のAV女優相沢みなみさまでございました。

でき得るなら、せっかくの機会でございましたので…

 

 

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です