「小池にハマって都民はさぁ大変!」

 

コロナ禍の中で不幸な知らせが届きました。
 
テレビ番組に出演なされた浅田真央さまが、あろうことか過去に彼氏がいたことを告白なされたのでございます。
 
事情通によれば、真央さまには噂された恋人が2人いたというのです。
 
2人とも、いずれも白人の外国人男性です。
 
フランス人モデルのトニオロ(30)と、スペイン人の「浅田真央サンクスツアー」で共演するスケーターのマルティネス(21)でございます。
 
トニオロの野郎のことは、17年10月に写真週刊誌がルーブル美術館でのデートを報じています。
 
そしてもう一人のスケベ野郎のマルティネスは、女性週刊誌が、この不届き者が真央さまの腰に手を回したり、髪を撫でている様子を報じています。
 
なんということでありましょうか。これまでは週刊誌の一方的な捏造やスキャンダルと思っていましたのに、実際にヤッておられたのでございます。
 
それも、相手が大和男子ならまだしも、紅毛碧眼の白茶けた極太チンポの持ち主の白人男でございます。
 
あんまりでございます。
 
私たちの、否、ワタクシの真央さまが異国の男に身を委ねていたなんて、悪夢でございます。
 
許せない気持ちでいっぱいでございます。それも一人ならずも2人の白人チンポを食い散らかしていたなんて、ああ、あの女神のような真央さまはどこに行ってしまわれたのでしょうか。
 
相手と噂されるフランス男やスペイン男は、一般的にフェラチオが大好きでございます。きっと真央さまにもソレを求めたに違いありません。
 
あの、オチョボ口の真央さまの小さなお口に、白ナマコのような己のソレを、野郎どもは咥えさせたにちがいありません、罰当たりでございます。
 
咥えさせるだけでは飽き足らず、きっと同時に舌使いなど真央さまに強要したのでありましょう。
 
まるで淫売の口を楽しむような料簡で、真央さまのノド奥深く白ナマコを挿し入れたことが予想されます。
 
今人気のイマラチオ、でございます。
 
真央さまは木下大サーカスの短剣呑みのサーカス団員ではありません。細いノドに白ナマコでフタをされた真央さまは息ができなくなり、もがき苦しまれたでありましょう。
 
しかし、恥知らずの白ナマコどもは、抗う真央さまを決して許そうとせずに、真央さまの後頭部を手で押さえつけ、激しいピストン運動をしたのでありました。
 
なんという暴虐の限りでありましょうか。
 
タダでは済ます訳にはいかない、のセリフは、こうした淫行を成したこの白人白ナマコチンポ野郎にこそ相応しいのでございます。
 
このままでは日本男児は対スペイン、フランス相手に戦争を覚悟しなければなりません。
 
真央さまも真央さま、でございます。白ナマコチンポを歯で食いちぎってやればいいものを、好きなように侵犯させて身を委ねたとあっては、日本女性としての面目はどこにあるというのでしょう。
 
百歩譲って口だけならまだしも、でございますが、おしゃべりな事情通によれば肉交をも重ねたというのでございます。
 
こうすればああなるものとわかっていることではございますが、肉交を許していたなんて、真央さまったら、もうどうしてくれようか、でございます。
 
これまた事情通によれば、2人の白人男のソレは、真央さまの手首から肘までの長さがあったとのことでございます。
 
長すぎ、でございます。
 
その上に、でございます、太さもまた手首と同じほどの太さであったとのことでございます。
 
日本人ではありえないような長さと太さを目の前にして、真央さまはいかなる所作をなされたでありましょうか。
 
よもやヨダレを垂れ流すほどに欲しがる目線を注いだのではありますまいか。
 
カイロ大学での様々な経験を積んだ小池痴事ならいざ知らず、あの真央さまにはあってはならないことでございます。
 
後の祭りとはいえ、もしそんなわきまえのない行動を平気でとるなら、真央さまは私たち日本人の、日本の男を敵に回すことを覚悟しなければなりません。
 
が、真央さまはその手首大の太さと、手首から肘までの長さの「極太長のモノ」を受け入れてもいいようなしぐさを見せたといいます。
 
もう、知らない、知らない、でございます。こうなったら「裏切り者」とハッキリと申し上げなければなりません。
 
外国人相手に一歩も引かず、戦う様を見せるのはスケート大会でのスケーティングのみで十分でございますのに、素っ裸となってまで巨根に戦いを挑むとは、真央さまはなんという負けず嫌いなのかと呆れてございます。
 
お節介な事情通によれば、真央さまはそれぞれの白人男の白ナマコを、様々な体位で受け入れ、楽しまれたというのでございます。
 
あんなキュートで小さなお尻に、よくも極太シャフトをブチ込んでくれたなと、もはや復讐を誓う赤穂浪士の心境でございますが、真央さまは駅弁まで欲しがったと、おしゃべりな事情通は言うのでございます。
 
本当か、の話でございます。真央さまでも、どこかの「真央さま違い」ではないのかと疑問を抱きつつ、本家本元の駅弁を差し置いて、ニセモノの駅弁を食べるなんて、と心は千々に乱れました。
 
そして真央さまは騎乗位のポーズへと、それぞれの白ナマコを誘ったとのことでございます。そしてその白ナマコを軸として、4回転を素早く回って見せたとのことでございます。
 
その間、2秒ほどの速さであったというのでございます。
 
実際のスケート競技では真央さまは4回転を成功させたことはありませんでしたが、フランス野郎とスペイン野郎を肉敷布団にしたベッドの上では、見事4回転を「性交」させたというのでございます。
 
そして、でございます。
 
そして真央さまは、クライマックスでは中出しを所望されたとのことでございます。
 
驚くではありませんか。万が一間違ってハーフの子供を身ごもってでもしたら、どう世間に言い訳をするつもりでございましたのでしょう。
 
愉悦のあまりの「中に出してもいいのよ」との、我を忘れた言葉を放たれたのでございましょうか。
 
この、見てきたようなことを平気で口にする罪深い事情通によれば、真に受けた2人の白ナマコ野郎は、本当に中出しをした、とのことでございます。
 
バカバカ、でございます。
 
チクショウどもは、我が国の国宝ともいえる白鳥に向かってなんという傍若無人なことをするのだと、叩き殺したいほどの怒りを覚えました。
 
もうこれ以上聞きたくもないのに、おしゃべり大好きな事情通は「その放出された量は、およそおちょこ3杯分はありました」と忠臣ぶって報告を続けたのでございます。
 
これまで長い間抱いていた夢が、儚く破れていくのを感じました。
 
もう少し、あの世に旅立つまでもう少し、夢を見させて欲しかったと、喪失感を覚えています。
 
真央さまが華々しくデビューして以来15年余り、どれほど熱い思いで応援してきたかしれません。
 
真央さまを相手に「手慰み」の回数は、自分史上最多の1000回を数えたと記憶しています。
 
思えばいつかは真央さまも、一人の女性として他の男のモノになるとは覚悟をしておりましたが、よりにもよって、でございます。
 
異国の白ナマコチンポを相手に現(ウツツ)を抜かされていたなんて、信じたくない気持ちでいっぱいでございます。
 
「バカだな、バカだな、騙されちゃって」の、あの藤圭子の「新宿の女」のフレーズが頭の中で鳴り響いているのでございます。
 
真央さまが白人白ナマコと性愛の日々を過ごされていたことを知ったファンの皆さまの胸中を思うと、その「悲しみ」と「残念感」は、いかばかりであろうかと言葉を失ってございます。
 
 
 
 
真央さまに続いて、綾瀬はるかさまの恋人の存在が明らかになりました。
 
お相手の男性はこれまた…

 

 

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です