「渋野日向子さまのボディに釘付けの朝」

誤解を恐れずにハッキリ申し上げれば、新型コロナなどは風邪もどきのしょぼい病気にすぎません。世の中には他に原因不明の難病奇病に罹ったり、根治困難な基礎疾患で命を失われている方々が何万何十万人といます。
 
比べてはるかに少ない数字です。なのに日本中が平常心を失い「コロナ怖い」一色に染め上げられています。これも朝から晩まで「コロナ怖い」を飯のタネにしているテレビメディアの煽り報道のせいです。
 
しかし、もうそろそろ私たちはこのままでいいのかと目を覚まさなければなりません。インフルエンザもどきの新型コロナを過剰に恐れ、私たちの暮らしや雇用や経済を潰していいのかと真剣に異議を唱えなければなりません。
 
医療崩壊の危機が迫っている、と北海道旭川市では自衛隊による看護師の派遣要請を求めています。もはや非常事態の災害だとの認識です。
 
が、何か間違ってはいないでしょうか。新型コロナ感染による入院患者が我が国の医療機関に占める割合は一番多いといわれる大阪でも2%未満でございます。
 
ならば新型コロナを2類から5類相当として感染者を近くの自治体でベッドに余裕のある病院へ入院していただく、といったオペレーションをすれば済む話です。
 
北海道知事の鈴木さまは「自粛」だ「時短営業だ」と騒ぐ前に国と話して、まずそうした身近なところでいくらでも解決できることに努力を重ねられれば済む話です。
 
医療崩壊だ、の禁じ手は「オオカミ少年」の愚策です。国民はもっと冷静で具体的な政策を求めています。
 
米国での感染者数は約1600万人と日本の18万人と比べて約100倍近くです。犠牲者数も日本の2700人と比べれば100倍以上の30万人に達しています。人口比で見ても感染者数、犠牲者数とも30倍の米国が医療崩壊などしていないのに、何ゆえに我が国が医療崩壊すると騒いでいるのでしょうか。
 
日頃は地方自治の独立などと威勢のいいことを叫んでいるのに、いざとなれば周章狼狽して何でもお国頼みでは「地方自治の独立」などお笑いグサの話でございます。
 
テレビメディアや野党と同調して「“コロナ怖い”は政府が悪い」などとの責任逃れは許されるものではありません。
 
政府は25日までに東京と名古屋のGoToキャンペーンを中断する、との方針を掲げられました。
 
加えて来年1月11日まで全国で停止をするとの発表をしました。菅総理にとっても毎日新聞の世論調査の支持率40%が随分と堪えたようです。
 
菅総理と手前どもは同じ齢です。その同級生の男に、人工透析を行い胃癌と大腸癌を患いながらも尚も事業に燃えている男がいます。ノミの心臓の菅総理には爪の垢でも、と思う次第でございます。
 
この3月からコロナ禍で虫の息の状態で、ようやくGoToキャンペーンに救われた飲食観光業者にとっては、ようやくかけられた命綱のハシゴを外されたような事態となっています。
 
何の根拠もなく、エビデンスもないのに、ただ「やっています」との自己正当化をするために、GoToを「コロナ怖い」の魔女狩りの生贄として恥じないのでございます。
 
何か事を成そうとするなら、敵が1000万人といえども我行かん、の気概が必要です。
 
エロ事師としてビニ本、AVの世界をわたり歩き、その黎明期に足跡を残してきた身では、政府の腰の定まらないTVメディアの影響を受けた罰当たりな無策が、何とも歯がゆく思われてならないのです。
 
GoToキャンペーンは止めるべきではありません。観光飲食業者のみならず、そのことでどれだけの関連産業が恩恵を受けてきたかわからないのです。
 
いわば砂漠に迷い込んだ旅人にとっては、オアシスの水のごとき命のつっかえ棒になっているからです。
 
一度中断した感染がおさまったらまた再びやればいい、と無責任で頭カラッポのTVコメンテーターがホザいていましたが、愚か者め、そのへらず口を瞬間接着剤で閉じよ、でございます。
 
何故感染源として特定されていないのに、ヤリ玉にあげられなければならないのか、です。
 
例えばお前さまの出演するテレビ番組が、子供たちにとっては極めて有害であるとの疑いを受け、一蓮托生で出演自粛を求められ、この3月から12月までの10カ月間、ほとんど出演することができず無収入となったとしても、それでも疑いがあるのなら仕方がないと自分のテレビ出演を自粛するとでもいうのでしょうか。
 
違うでしょう。関係ない自分が自粛を求められて無収入などとは到底受け入れられない、との声を上げる筈です。
 
何かで罰を加えられることがあっても、そのことの原因が自分たちのまいた種であれば納得するのですが、全く身に覚えのないことで自粛を求められ無収入となり、一家が路頭に迷うことなど耐えられない筈でございます。
 
もういい加減にして欲しいのです。インフルエンザと風邪もどきで「怖い」と恐怖を煽り、新型コロナの犠牲者の何倍何十倍の自殺者を出すことになる愚行は。
 
 
 
東京新橋に、木下グループによる「新型コロナPCR検査センター」が設けられました。
 
お値段は2980円と、これまで一般の病院で行われていた3万円~4万円という高額な検査料金と比べて10分の1以下の格安のお値段となっています。
 
すると続いて別の企業による、より格安なPCR検査料金1980円の検査施設が開業したのでございます。
 
一日6000人までの検査が可能、との宣伝文句でございましたが、問い合わせが殺到し、あえなくサーバーダウンする憂き目にあっております。
 
競争社会でございます。今日の信長が明日の秀吉、家康とならないのは世の倣いでございます。
 
が、割を食ったのは…
 

 

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です