「2人の父親とその娘の話」

 

■村西とおる ナイスですね!LINEスタンプ 絶賛発売中!
シャレた言葉が相手にとどめを刺します。何よりも愛する人を射止めたいあなたさま、この選りすぐりのスタンプのワードを武器に「寸鉄人を刺す」の言葉のマジックで狙った相手を暴走させてみてはいかがでしょう、ナイスですね。
↓↓
 
 
■AV撮影現場に”童貞クン”をご招待!!
 
AV制作の裏側を追ったドキュメンタリーバラエティ番組
 
「天才・村西とおるのチ〇コが勃つテレビ」~第5話~
 
U-NEXTにて絶賛配信中!でございます。
 
 
 
 
 
大谷選手が毎朝太陽のように日本中を明るくしてくれています。
 
大谷選手の大リーグでの活躍に日本中が朝からドキドキしているのです。手前どもばかりではなく、日本中の人たちが一喜一憂して楽しんでいるのです。
 
これまでは朝はなんとなくやり過ごしていましたが、今日この頃ではNHKのBS放送にかじりついて大谷選手を応援しています。
 
朝起きるのが楽しみだなんて、この何十年もなかったことです。
 
長嶋一茂さまなども「大谷選手を特集した一時間番組に出演しましたが、テレビで野球のことを話したのは10年ぶりです」と言っていました。専門家である筈の彼も驚くほどに日本中が大谷選手の活躍で熱狂しています。
 
手前どもの主治医なども診察中に「今日も朝から娘からメールが入って、大谷選手のホームランを知らされました」と笑っていましたが、事程左様に老若男女の区別なく日本中が大谷フィーバーに沸いているのでございます。
 
まさしく日本人としても誇らしい、これぞ「エクスタシー」というものでございましょうか。
 
大谷選手の人気の秘訣は前代未聞の二刀流での記録を更新していると同時に、その人柄にあります。
 
ベンチを映しているテレビカメラでの彼の一挙手一投足を逐一見ることができるのですが、その飾らない誰にも愛される人間性がテレビ画面を通じて視聴者に伝わってきて、更なる人気を呼んでいるのでございます。
 
グラウンドで相手バッターに折れたバットをさりげなく渡してやる心遣いの優しさや、フィールドに落ちているゴミを拾ってポケットに入れるマナーや、投手として違反行為をしていないかグローブをチェックする審判に向ける笑顔、そうした豊かな人間性を垣間見て、ファンはますます大谷選手が大好きになっているのでございます。
 
これまで日本人選手がこれほどの大活躍を大リーグですることなど、誰が予想したでありましょうか。
 
所詮日本人が活躍してもイチロー選手止まりで、まさか二刀流で、それも大リーグのホームラン王を狙うことなど想像もしていないことでした。
 
大谷選手は野球以外のことには全く興味を持たず、「いかに野球が上手くできるか」だけを四六時中考えているとのことでございます。
 
こうした求道者のようなストイックな生き方でなければ、あれほどの成績を上げることはできないと納得するのですが、多くの成功者がそうであったように、大谷選手も努力以外の幸運にも恵まれた人間であるように思います。
 
それは日本ハム入団時に栗山監督が「君の二刀流でいきたいという夢を私は心から応援する」と申されたように、よき指導者との出会いがあったことです。
 
大リーグに移籍してからも、所属するエンゼルスの監督が大谷選手の目指す二刀流の望みをよく理解し、チャンスを与え続けてくれていることも大谷選手の活躍の大きな要因となっているのでございます。
 
それに加えて通訳の水原一平氏(36)の存在も大きいように思います。
 
出世するには相談役、話し相手が重要だといわれていますが、大谷選手の通訳の水原氏はいつも大谷選手に影のように付き添い、他の同僚選手とのコミュニケーションの杖となり、また大谷選手の話し相手、相談役として裏方で支え、鼓舞し、モチベーションを保つことに一役買っていることがうかがえます。
 
そこに…
 
 

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください…

この続きは「まぐまぐ!」でお読みください...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です